先日、男友達と恋愛の話をしていたら、
その友達が「すぐ手に入る女は価値を感じないんですよ」と話していました。

簡単に手に入ってしまうと、ありがたみを感じないので、
恋人として長く付き合おうと思えないということなのです。

多くの人は、手に入りやすいものより、
手に入りにくいものに価値を感じるものなので、
そのように考えてしまっても無理はないわけです。

しかし、もしあなたが、性格のいい子との恋愛を望むのであれば、
もったいぶらない女の子と付き合うようにした方がいいです。

もったいぶる女の子というのは、たいていサービス精神が低く、
相手を喜ばせようという気持ちが少ないからです。

手に入りにくいと、価値があるんじゃないかと
錯覚してしまいがちなのですが、
恋愛の場合は手に入りやすい方が本質的な価値が高いこともあるのです。

というわけで、あなたも過去の恋愛を振り返ってみて、
性格の悪い子と付き合った経験があるのであれば、
今一度恋愛方針を考えてみるといいのではないかと思います。

なお、実は私も以前は手に入りにくい女の子ばかり口説いていたのですが、
最近はこのことに気づいて、
もったいぶらない女の子と付き合うようにしています。

「私のハートをつかみたければ、もっと頑張って」と言い続ける子より
「あなたが喜んでる姿を見るが好き」と言ってくれる女の子の方が
一緒にいて幸せになれますね。

メルマガ登録はこちら