私は、不利なこととか苦手なことを避け、
勝てる分野に集中して活動してきた方なのですが、
苦手でも避けなかった分野があります。

それは一体、何かと言うと、コミュニケーションと恋愛です。

私は小さいころから、言語能力が低く、
コミュニケーションも下手で、しかも空気を読めない男でした。

そのため、国語とか作文の点数はクラス最低レベルでしたし、
小学生の時にはクラスのほとんどの人が集まる
同級生の誕生会にも誘われませんでした。

また、兄弟は男で、中学高校は男子校で、
母親以外の女と話すことがなく、
彼女どころか女友達が出来る気配すらないという、
恋愛偏差値最低レベルの男でした。

こんな状況だと、クラスの人気者とか、
モテる男に勝ち目がないと思って、
コミュニケーションと恋愛を避けてしまいがちです。

また、このままオタクになって、一生恋人も出来ず、
友達もオタク友達のみになるのが、よくあるパターンです。

しかし、私は「それじゃあダメだ!」「そんな人生嫌だ!」と思って、
コミュニケーションと恋愛に取り組みました。

待っていたら彼女なんて永久に出来ないので自分からアプローチし、
モテ度を上げるためにファッションや音楽活動を頑張り、
会話力を上げるために営業の仕事につきました。

もちろん、コミュニケーション関係の本もたくさん読み、
学んだことを日々実践していました。

その結果、どうなったかと言うと、
誰とでも比較的ちゃんと話せるようになり、
会社員時代の営業成績は最高レベルになり、
誰もが羨む美女とも付き合えるようになりました。

そのため、あなたも、私と同じく、
コミュニケーションや恋愛が苦手だったとしても、
ぜひ取り組むことをオススメします。

リアルに学年最低レベルだった私でも、ここまで出来たので、
普通の人なら、もっと簡単にレベルアップ出来るはずです。

なお「どうせ俺なんか、相手によく思われない」と
決めつけないようにして、
実践の場に出て、なるべく深く交流することが大切です。

友達のいない人生や、恋人のいない人生は、
本当に寂しいものなので、
そうならないようにするために日々少しでもアクションしましょう。

あきめたら、そこで終了ですので、あきらめてはいけません。

メルマガ登録はこちら